私たちは47年前より地球に優しい事業を展開してきました。

私たちは1972年の創業以来、地球環境に優しい事業を営んできました。南九州の常緑広葉樹の樹皮を有効活用して製造されるネッカリッチ。昭和33年頃木材チップの製造過程で出る産業廃棄物でした。私たちはこの樹皮に含まれる有効成分に着目し、高度成長期における畜産公害や食品の化学物質汚染を少しでも改善するために、製造メーカーと協同して努力して来ました。

また、1985年頃より水の機能性の研究を始め「現在の環境問題を効率よく改善するには水の機能性を活かすしかない」との結論に至り、島根県から全国に向けて発信しています。

私たちはとても小さな会社ですが、いつも「環境の事・食の安全の事」を第一に考えて会社を運営してきました。これが私たちの誇りです。

生産現場の様々な課題を解決します

最新の研究成果をご紹介します

研究を通じて消費者に支持される商品を目指します

お知らせ

TOPICS

2019年2月

搾乳牛の体細胞数改善に①ネッカリッチ②カルミン・ネオ(L)③νG7水を組み合わせた飼育技術確立に向けた取り組みをスタート。

EVENT

2018年11月7日

第41回全国ネッカリッチ研修会が開催されました。

NEWS

2018年11月7日

宮崎みどり製薬㈱より【循環型農業教書】の報告発表。

TOPICS

2018年6月

㈲岸田牧場【牛乳便り】に免疫を上げるマイクロRNAが豊富に含まれている事を発表!
広島大学院医歯薬保健学研究科  細胞分子生物学研究室  田原 栄俊 教授

EVENT

2017年11月8日

第40回全国ネッカリッチ研修会が開催されました。

EVENT

2016年11月9日

第39回全国ネッカリッチ研修会が開催されました。

TOPICS

2011年05月13日

島根県内の繁殖農家様で子牛のコクシジウム予防にネッカリッチを活用頂き、高い評価を頂きました。